デントリペアとは

デントって何?


となりのクルマにドアがぶつかって凹む ヘコミ

大切な愛車に知らないうちについてしまった「ヘコミ」に気が付いたことはございませんか?車のボディにできた小さなヘコミの事をデントと呼びます。
一口にデントといっても、そのヘコミの種類は多種多様です。当たったものや衝撃の強さによってサイズや形状、深さは様々です。
隣に駐車していた車のドアが当たってできる1cm~5cmくらいのヘコミの多くはデントリペアによる修復でとてもきれいに修理できます。


デントリペアとは?

デントリペア Before After

デントリペアは、近年になってアメリカから上陸した最新の自動車特殊板金技術で、車にできた小さな凹みを短時間、低コストで復元する画期的な修復法です。
正式名称はペイントレス・デントリペア(Paintless Dent Repair)と言い、その名の通り従来の板金や再塗装をすることなく数十分程度で修復してしまう技術です。
ヘコミを裏側から専用特殊工具で丁寧に押し戻すことにより、歪みまでコンロトールし、とても綺麗に直せるのが特徴です。塗装しないで修復するので、従来の方法に比べ、とても早く、そしてお安くご提供することができます。


デントリペアの工法


デントリペア 作業の様子

デントリペアは数十本の特殊専用ツールを使い分け、車のボディにできた凹みの裏側からゆっくり丁寧に押し上げることで、塗装することなく短時間で安価に、とても綺麗に仕上げることができます。
その仕上がりは査定士が見ても発見することができない程で、近年自動車業界でなくてはならない存在になり始めております。